財団法人日本ラジコン電波安全協会
概要
ラジコン操縦士登録
ラジコン発振器適合証明
安全運用
ラジコン用電波と電波法
インストラクター制度
総務大臣杯争奪全日本ラジコン競技会
河川敷地ラジコン飛行場占用許可について
大会イベントへの支援
ラジコン操縦士登録代理店募集
産業用ラジコン運用者の皆様へ
FAQ
リンク
お問合せ
サイトマップ

トピックス
鈴木久日本ラジコン電波安全協会理事長がラジコン業界初の「黄綬褒章」受章!
 ラジコン用電波の適正な運用確保とラジコンの健全な普及発展に功績

鈴木久日本ラジコン電波安全協会理事長去る4月29日平成19年春の褒章受章者が公表され、財団法人日本ラジコン電波安全協会の鈴木久理事長が黄綬褒章を受章されました。ラジコン模型業界からの褒章受章は、同氏が初めての受章であり業界としても大きな喜びでもあります。
鈴木氏は、昭和38年京商(株)を設立し昭和45年ラジコン事業に取り組んできました。しかし、ラジコン模型の普及とともに電波の混信妨害による墜落や事故が続発したため、ラジコンの安全運用の確保には専用電波が必要と強く感じ、昭和51年日本ラジコン模型工業会の理事就任後は、ラジコン模型の安全運用と普及発展のため、郵政省(現総務省)への専用電波の獲得要望には業界の中心的役割を果たしてきました。

昭和59年1月同会長に就任した11月、これまでの努力が実り、郵政省からラジコン業界念願の専用電波が割り当てられました。
この専用電波の自主管理を行う財団法人日本ラジコン模型安全協会(平成7年、財団法人日本ラジコン電波安全協会と改称)の設立のため発起人として尽力され、昭和60年1月郵政大臣の許可を得て同協会設立と同時に、初代理事長に就任され爾来22年にわたり同協会事業の基礎作りとラジコン用電波の適正かつ安全な運用確保に向け、ラジコン愛好家への精力的な周知啓発に努めるなど、ラジコン模型の健全な普及発展のため多大な貢献をして参りました。

鈴木氏は、平成10年第48回電波の日には、郵政大臣自見庄三郎氏から電気通信の発展に寄与した功労により郵政大臣表彰を受けておりますが、この度は、これまでの長きにわたり電波の適正な運用管理に精励し衆民の模範となり、ラジコンの健全な普及発展のため努力してきた功績が評価され、黄綬褒章受章の栄誉に浴されたものであります。
鈴木氏のラジコン模型の適正な運用確保と健全な普及発展に対するこれまでのご尽力に感謝を申し上げますとともに、黄綬褒章受章を心からお慶び申し上げます。

今、ラジコン模型は、国民の潤いと豊かな文化生活や青少年の創造性と感性を育む科学模型として、また、産業経済の進展や防災活動等における貴重なツールとして普及し、地域社会に大きく貢献しております。
黄綬褒章受章は、鈴木氏の長年にわたる専用電波確保の努力とその結果ラジコンの安全運用が確保されラジコンの健全な普及発展につながったという功績と同時に、ラジコン模型と業界が社会的に認知され高く評価されたことの証明であり誠に喜ばしい限りです。

皆様と共に喜びたいと思います。
鈴木久様、黄綬褒章受章おめでとうございます。




鈴木久日本ラジコン電波安全協会理事長に「黄綬褒章」伝達さる!
 宮殿「春秋の間」で天皇皇后両陛下に拝謁

去る5月16日(水)東京都千代田区のルポール麹町(旧麹町会館)2階「ロイヤルクリスタルの間」において、褒章受章者・配偶者合わせ約160名が参列し、総務省関係の「平成19年春の褒章伝達式」が盛大に挙行されました。
この伝達式では、4月29日黄綬褒章を受章した財団法人日本ラジコン電波安全協会の鈴木久理事長に、土屋正忠総務大臣政務官から賞状と黄綬褒章が授与されました。
褒章を胸にした鈴木久理事長はじめ受章者の皆様方の感慨と喜びの表情がとても印象的でした。
その後、受章者は皇居に向かい、宮殿「春秋の間」において天皇皇后両陛下に拝謁されました。
ラジコン業界で初めての黄綬褒章受章の栄誉に輝いた、鈴木久(財)日本ラジコン電波安全協会理事長に心から御祝辞を申し上げます。
伝達式会場「ルポール麹町」 土屋総務大臣政務官の挨拶
土屋総務大臣政務官から授与 黄綬褒章受章の鈴木理事長と奥様
黄綬褒章受章の鈴木ご夫妻



褒 章
褒章(Medals of Honour)
 明治14年に紅綬、緑綬、藍綬の各褒章が制定され、大正7年に紺綬、昭和30年に黄綬、紫綬の各褒章が制定されました。褒章のデザインは、「褒章」の二字を桜の花で飾った円形のメダルで、綬の色(紅、緑、黄、紫、藍、紺)により区分されます。

 (1) 春秋褒章
 自己の危難を顧みず人命の救助に尽力した方を対象とする紅綬褒章,社会奉仕活動に従事し顕著な実績のある個人等を対象とする緑綬褒章,その道一筋に業務に精励し衆民の模範である方を対象とする黄綬褒章,学術,芸術,技術開発等の功労者を対象とする紫綬褒章,教育,医療,社会福祉,産業振興等の分野で公衆の利益を興した者又は保護司,民生・児童委員,調停委員等の事務に尽力した方を対象とする藍綬褒章があります。これらについては,毎年春は4月29日に,秋は11月3日に,春秋叙勲と同日付けで授与されています。

黄綬褒章
Medal with Yellow Ribbon

黄綬褒章

BACK PAGETOP