財団法人日本ラジコン電波安全協会
概要
ラジコン操縦士登録
ラジコン発振器適合証明
安全運用
ラジコン用電波と電波法
インストラクター制度
総務大臣杯争奪全日本ラジコン競技会
河川敷地ラジコン飛行場占用許可について
大会イベントへの支援
ラジコン操縦士登録代理店募集
産業用ラジコン運用者の皆様へ
FAQ
リンク
お問合せ
サイトマップ

トピックス
基準不適合設備の製造業者等に対する勧告公表制度の見直しがされました。

電波利用環境を維持するため、混信・妨害の原因となる技術基準に適合しない無線設備(基準不適合設備)
  の製造業者・販売業者に対する勧告公表制度が昭和62年から実施されています。
   今回の法改正は、無線設備の製造・流通実態の変化に対応し、制度の実効性を高めるため、次の点が加わって
  います。
    I.努力義務の新設
    II.勧告発動要件の見直し
    III.勧告対象の追加
    IV.命令規定の新設
  です。

詳しくは総務省ホームページをご覧ください。

http://www.tele.soumu.go.jp/j/adm/monitoring/illegal/counter/index.htm

BACK PAGETOP