財団法人日本ラジコン電波安全協会
概要
ラジコン操縦士登録
ラジコン発振器適合証明
安全運用
ラジコン用電波と電波法
インストラクター制度
総務大臣杯争奪全日本ラジコン競技会
河川敷地ラジコン飛行場占用許可について
大会イベントへの支援
ラジコン操縦士登録代理店募集
産業用ラジコン運用者の皆様へ
SecureSite
このサイトは、プライバシー保護のため、SSL暗号化通信を使用しています。
FAQ
リンク
お問合せ
サイトマップ

トピックス

不法電波によるラジコン運用は「犯罪」です!
《電波法(懲役1年以下又は100万円以下の罰金)で罰せられます》
プロポは、必ず正しい電波で運用しましょう!

日本では不法となるプロポが流入してます。
 近年、国外ではラジコン用として認められているが日本では認められていない電波を利用したプロポや、新しいシステムを導入したプロポがインターネット通販等により国内に流入し、更に拡大するおそれが生じています。
 その中には携帯電話用周波数や2.4GHz(ギガヘルツ)帯周波数を使用した新しいタイプのプロポもみられます。

 今、携帯電話は爆発的に利用が増大し、その契約数は9,325万件(平成18年7月末現在)と国民総数の70%を越えるまでに普及しているため、ラジコンに使用した場合、携帯電話に混信・妨害を与え、国民生活に影響を及ぼし大きな社会問題となります。
2.4GHz帯は日本では特定小電力無線局(空中線電力10ミリワット以下で総務大臣登録証明機関の証明を受け、その表示がされた無線設備)としてパソコンや無線LANなどデータ通信分野に非常に多く使用されております。
 ここで紹介する携帯電話用周波数や2.4GHz(ギガヘルツ)帯周波数を利用したプロポは、当協会が入手し測定等確認した結果は、電波法の規格に適合しない不法無線局です。

※携帯電話用周波数のプロポ
 電波法で定める微弱な電波を使用した無線局規定を大幅に逸脱した不法無線局
測定値(電波法の規格:3メートルの距離における電界強度は35μv/m以下)
3mの距離における電界強度の値:40,738μv/m 

※2.4GHz帯周波数のプロポ
 電波法で定める微弱な電波を使用した無線局規定を大幅に逸脱し、
かつ技術基準適合証明を取得していない不法無線局。
測定値(電波法の規格:3メートルの距離における電界強度は35μv/m以下)
3mの距離における電界強度の値:1,303,167μv/m

不法なプロポの運用は危険です。
 この2.4GHz帯は証明を受けた無線設備であればラジコン用として利用は可能ですが、電力が10ミリワット以下のため電波の利用範囲は狭いため空用のラジコンに使用すると非常に危険です。
この他にも、近年、東南アジア等から流入してきている低廉なプロポ(特にセットもの)の中には、日本では認められない電波を使用したもの、パワーの大きいもの、スプリアス(不要な電波)が強くでているもの、その他、周波数やパワーは日本の電波法に認められていても隣接バンドに妨害を与えるおそれのあるものが多く見受けられます。
こうした不適正なプロポでの運用は、業務用無線局等に妨害を与え社会を混乱させるばかりでなく尊い人命や財産を失うラジコンの事故につながることもあります。

不法プロポの運用は犯罪です!
 これら携帯電話用周波数や2,4GHz帯を使用したプロポ、また、東南アジア等から流入している日本で認められない周波数を使用しているもの、パワーが大きいもの、スプリアス(不要電波)が強くでているものを使用すると不法無線局となります。
当協会の適合証明シールがないプロポは、電波法で認められない不法なプロポとなるおそれがあります。
今、総務省では混信や妨害の未然防止を図るため、不法な無線局の取り締まりを強化しており、違反者には電波法による罰則(1年以下の懲役又は100万円以下の罰金)が適用されます。
便利だから、値段が安いからといって購入し運用すると電波法で罰せられ犯罪者となることがあります。

当協会の適合証明シールが貼付してあるプロポで運用して下さい。
 愛好家の皆様が不法運用により電波法の罰則を受けることのないよう必ず我が国で認められた周波数等を使用した適正なプロポでの運用をお願いします。
当協会の標準規格適合証明シールが貼付してあるプロポは、電波法の規定に適合した安全安心なプロポなのです。
40MHz帯及び72MHz帯プロポは、当協会の標準規格適合証明シールが貼付されたプロポを、また27MHz帯プロポは、日本ラジコン模型工業会(JRM)が認定した証明シールが貼付されたプロポを使用して下さい。

当協会は、混信のない安全安心なプロポの導入に努めています。
 当協会では、愛好家が電波の確認をしなくても安心して運用できる新しいプロポの導入とそれに必要な専用電波の増波に努めております。
そのため、総務省に対し増波要望する際に理解を得る重要なデータとして大きな力となる「ラジコン操縦士」登録をラジコン愛好家に呼びかけております。
多くの愛好家が登録されますようご支援ご協力をお願いします。また、総務省の理解を得るには、不法な電波での運用は絶対に行わないことが大切です。
ラジコンを楽しむ場合は適正なプロポを使用し、必ずルールマナーを守り安全な運用に努めて下さい。

←技術基準適合証明マーク
携帯電話や、2.4GHz帯特定小電力無線局等の無線設備には必ず貼付されてます。
このマークがない無線設備は不法無線局です。



■我が国では不法無線局となるプロポ絶対に買わない!使わない!ようお願いします。■
<東南アジア等から流入しているプロポの特性の一例>
−2.4GHz帯を使用したプロポ−

送信機モジュール

送信機モジュールを
装備したプロポ

受信機

−携帯電話用周波数を使用したプロポ−

携帯電話用周波数を
使用したプロポ


混信調査用の携帯型スペクトラムアナライザー

隣接バンドへの妨害のおそれのあるプロポの電波発射状況

スプリアス(不要電波)の多発:業務用無線局に妨害のおそれのあるプロポ電波発射状況
BACKPAGETOP