財団法人日本ラジコン電波安全協会
概要
ラジコン操縦士登録
ラジコン発振器適合証明
安全運用
ラジコン用電波と電波法
ラジコンと電波
インストラクター制度
総務大臣杯争奪全日本ラジコン競技会
河川敷地ラジコン飛行場占用許可について
大会イベントへの支援
ラジコン操縦士登録代理店募集
産業用ラジコン運用者の皆様へ
SecureSite
このサイトは、プライバシー保護のため、SSL暗号化通信を使用しています。
FAQ
リンク
お問合せ
サイトマップ

ラジコン用電波と電波法
ラジコンと電波

VII ラジコン用電波と電波法の規定
(1)ラジコン用発振器の電界強度(電波の強さ)の許容値
[ ア ]
ラジコン用発振器(プロポ)の電波は、前述のように電波法施行規則第6条第1項第2号により電界強度(電波の強さ)が規定され、これを受けた告示に、その用途(ラジコン用他)、並びに電波の型式及び周波数等が定められています。
[ イ ]ラジコン用無線局(プロポ)の規模
「当該無線局の無線設備から500メートルの距離において、その電界強度が毎メートル200マイクロボルト(約46dBμ/m)以下のもの」と規定されています。
 通常、無線局は一部を除き送信機の出力で規定されていますが、これでは高性能の空中線(アンテナ)を使用することで空中に輻射される電波はより強く通達距離も大きくなり他の無線局への影響も大きくなります。
 従って、ラジコン用無線局等免許を不要とする無線局は、電界強度の許容値を定めています。
(2)ラジコン用発振器用の周波数
 電波法施行規則第6条第1項第2号において、電界強度の許容値と利用できる無線局の用途並びに電波の型式及び周波数を告示で定めるとしており、そこで用途としてラジコン用発振器及び使用できる周波数等が規定されています。

【郵政省告示第708号(昭32.8.3)最終改正:告示257号(平16.3.26)】
 免許を要しない無線局の用途並びに電波の型式及び周波数電波法施行規則第6条第2号の規定により、免許を要しない無線局の用途並びに電波の型式及び周波数を次のように定める。

電波の型式及び周波数等

(1) ラジコン用発振器用及びラジオマイク用
電 波 の 型 式 周  波  数
A1D、A2D、A3E、F1D、F2D、F3D、F3E 27.12 MHz (1)
A3E、F3E 40.68 MHz (2)
(注) その発射の占有する周波数帯幅に含まれるエネルギーが、(1)の周波数については、
(±)162.72kHz、(2)の周波数については、(±) 20.34kHzの範囲を超えないものに限る。

(2) ラジコン用発振器用
電波の型式 周  波  数 用    途
A1D
A2D
F1D
F2D
F3D
40.61MHz、40.63MHz、40.65MHz、
40.67MHz、40.69MHz、40.71MHz、
40.73MHz、40.75MHz
模型飛行機以外の無線操縦用発振器(産業の用に供するものを除く。)
40.77MHz、40.79MHz、40.81MHz、
40.83MHz、40.85MHz
72.13MHz、72.15MHz、72.17MHz、
72.19MHz、72.21MHz、72.79MHz、
72.81MHz、72.83MHz、72.85MHz、
72.87MHz
模型飛行機の無線操縦用発振器(産業の用に供するものを除く。)
F1D
F2D
F3D
73.22MHz、73.23MHz、73.24MHz 模型飛行機以外の無線操縦用発振器に使用する場合であって産業の用に供するものに限る。
73.26MHz、73.27MHz、73.28MHz、
73.29MHz、73.30MHz、73.31MHz、
73.32MHz
模型飛行機の無線操縦用発振器に使用する場合であって産業の用に供するものに限る。
附則(平成16年3月26日総務省告示第257号)
第2項第2号に規定する 40.61MHz 以上 72.87MHz 以下の周波数を使用するラジコン用発振器(産業用に供するものに限る。)であって、この告示による改正後の第2項第2号の規定にかかわらず、平成21年3月31日までは、なお従前の例による。

BACK PAGETOP