財団法人日本ラジコン電波安全協会
概要
ラジコン操縦士登録
ラジコン発振器適合証明
安全運用
ラジコン用電波と電波法
インストラクター制度
総務大臣杯争奪全日本ラジコン競技会
河川敷地ラジコン飛行場占用許可について
大会イベントへの支援
大会イベントへの支援
ラジコン操縦士登録代理店募集 産業用ラジコン運用者の皆様へ
FAQ
リンク
お問合せ
サイトマップ

トピックス

ラジコンの大会及びイベントの開催を支援します!
 当協会の事業に貢献して頂いている団体、または今後貢献が頂けると認められる団体等が開催する地域の大会またはイベントに対して支援いたします。

当協会の事業推進に多大な協力を頂いている登録代行模型店及び団体が主催する
地域の大会やイベントに対し、後援や主催者保険などの支援をいたします

目的

 ラジコン愛好家の皆様が、有限希少で貴重な国民の財産であるラジコン用電波の正しい知識を持つとともに適正かつ安全な運用の責任を自覚して頂くため、ラジコン電波適正な運用に関する周知・啓発及びラジコン専用電波の増波につながるラジコン操縦士登録の拡大を目的として大会やイベントなどの催しに対して支援を行うものです。

*ラジコン操縦士登録は、ラジコン電波の適正な運用責任 の自覚を促すとともに、電波の監督官庁である総務省に対 する専用電波増波の要望に欠かすことのできない貴重なデータとなり、また、社会的評価の向上につながります。
 

■ラジコン操縦士登録  →

支援内容

(1) 後援
(2) 主催者保険(損害補償)
(3) バンドモニター貸出

支援団体の基準

(1) 当協会の登録代行模型店
(2) ラジコン操縦士登録の理解と加入実績が顕著であると認められる団体。
大会やイベントの場合は、ラジコン操縦士登録を参加条件とする場合等
(3) ラジコン用電波の適正な運用確保のため、周知啓発等の努力が認められる団体。
(4) その他、当協会の事業推進に対し理解と協力が顕著であると認められる団体 等
上記の団体等が主催する大会やイベントに限るものとする。

支援申込手続き

(1) 支援を受けようとするときは、「様式1」により申し込みをおこなうこと。
(2) 支援を受けた当該大会又はイベントが 終了したときは「様式2」により報告すること。
(注) 終了報告がない場合は、次回の支援を行いません。
(3) 大会又はイベントにおいて、参加選手のラジコン操縦士の登録及び保険加入が必須ですので、ラジコン操縦士登録・保険加入を参加条件にするなどの協力をお願いいたします。
(4) ラジコン模型競技会(催物)に課せられた賠償責任保険の申し込みは様式3による。

  

ラジコン模型競技会(催物)に課せられた賠償責任保険
規   約
1. 当保険は、一般財団法人日本ラジコン電波安全協会(以下「甲」という。)に登録された構成団体及び全国地区委員会に所属する団体及び会員(個人OK)の主催する、ラジコン模型競技会(催物)のみ対象とする。
2. 上記対象者の主催代表者より、主催者保険(ラジコン競技会・催物)申込書を協会「甲」に所定期日までに提出し受理されたものに限る。
 
3. 規定の申込書を提出し受理された主催者が、申込書の期日、場所において一般観客に障害を与えたり又物件に損害を与え、その責任が主催者側に有する場合に当保険を適用し、その損害賠償を負担する。
 
4. 当保険は、主催者役員を除いて適用する。
 
5. 当保険は、主催者に課せられた責任範囲にて生じた場合に適用し通常の個人により生じた事故のてん補には適用しない。
 
6. 当保険は、一般財団法人日本ラジコン電波安全協会が主催、共催、協賛、後援する行事に適用する。
 
7. 当保険のてん補限度額は下記のとおりとする。
賠償責任限度額対人1名につき1億円
1事故につき2億円(保険期間中 2億円)
対物1事故5000万円(免責 1万円)
保険期間中5000万円
   
8. 当保険の契約期間は、平成00年8月14日から平成00年8月13日までの1年間を有効期間(毎年8月14日更新)とする。
 
開催日及び開催地(雨天順延を含め)変更ある時は、速やかに協会に連絡すること。
 
10 当規約以外は、賠償責任保険の普通約款及び施設賠償責任保険の特別約款を適用する。

■主催者保険申込書  →

 
BACKPAGETOP