財団法人日本ラジコン電波安全協会
概要
ラジコン操縦士登録
ラジコン発振器適合証明
安全運用
ラジコン用電波と電波法
インストラクター制度
総務大臣杯争奪全日本ラジコン競技会
河川敷地ラジコン飛行場占用許可について
大会イベントへの支援
ラジコン操縦士登録代理店募集
産業用ラジコン運用者の皆様へ
FAQ
リンク
お問合せ
サイトマップ

ドローンインストラクター制度(認定資格試験)

 近年のドローン(マルチコプター)の普及により、趣味での利用に限らず、産業利用のユーザーも増えています。この急速なユーザーの増加に伴い、機体の構造や性能、法制度を熟知していないと思われるドローンによる事故事案が起こっています。
 そこで、当協会として、これまでのラジコンインストラクター制度とは別に、 新たにドローンインストラクター・オペレーター制度を平成29年度から設けることとしました。
 趣味だけではなく、事業や産業でドローンを使用する方も、安全な運用を行うためにご活用ください。

【ドローンインストラクター制度の概要】

機種の対象はドローン(マルチコプター)とし、次の認定資格試験を実施します。

資格の種類

(1)ドローンインストラクター資格

 ドローン初心者等ドローン運用者に対してドローン運用に必要な知識及び安全な操縦技術を指導するにふさわしいと認められる者。

(2)ドローンオペレーター(1級、2級、3級)資格

@ドローンに関するルール・マナー、ドローン及びドローン用電波に関する知識並びにドローンの安全運用に関する知識を有するものと認められる者。

A各級ごとに次の操縦能力を有すると認められる者。

  • 1級  GPS制御なし並びにオートパイロット設定及びオートパイロットから離脱した状態での飛行
  • 2級  GPS制御なしでの飛行
  • 3級  GPS制御ありでの飛行

認定試験概要

(1) 受験資格

@ ラジコン操縦士登録者及びラジコン保険加入者。
A ドローンインストラクターは20歳以上、ドローンオペレーター(1級、2級、3級)は16歳以上の者。
B ドローンインストラクターはドローンオペレーター1級の認定登録者、又は当協会のラジコンインストラクター(飛行機、グライダー又はヘリコプター)の認定登録者。

※@のラジコン操縦士登録者及びラジコン保険加入者、Bのラジコンインストラクターは受講日の時点で有効期間中であること。

(2) 受験申請方法

 受験申請書(別紙1)に必要事項を記入の上、1資格につき、5,000円を添えて現金書留(※1)、または郵便振替(※2)にて申し込みください。協会で受理後、ドローンテキストと受験票を送付します。
(※1)送付先 111−0053東京都台東区浅草橋2−5−5 長島エレガンス第三ビル1F
(※2)郵便局に備付けの払込取扱票を使用して、次の事項を記載し、所用の金額を振り込んで下さい。

口座記号:00100−9− 口座番号:193052
加入者名:一般財団法人 日本ラジコン電波安全協会
通信欄記載事項
(1)氏名
(2)生年月日
(3)郵便番号及び住所
(4)日中連絡のつく電話番号(携帯番号)
(5)ラジコン操縦士登録番号
 ※未登録の場合は操縦士登録料を合算する。例えば操縦士登録料(保険別)2,200円+1資格受験料5,000円で7,200円となる。
(6)受験する種目(例 ドローンオペレーター2級受験料)

(3) 受験方法

 ドローンインストラクター・オペレーターの認定試験は、ドローン講習会に引き続いて実施します。合わせて2日間の日程のうち、2日目に認定試験を行います。
 講習会から参加される方は1日目に、認定試験のみ受験される方は2日目に、会場に集合してください。認定試験は、筆記試験と実技試験によります。
 筆記試験はドローン安全運用に必要な知識を、実技試験はドローンを実際にフライトしてもらい、その操縦技術を判定員が採点し、合否を決定します。
 筆記試験の問題はドローンテキストの内容から出題されますし、実技試験内容もドローンテキストに記載していますが、事前に目を通しておいてください。

(4) 認定登録

 受験後、合格した者には、本人宛文書で通知します。
 合格者は、当協会へ登録申請書に必要事項を記入の上、登録料を添えて現金書留、または郵便振替にて申し込みください。協会で受理した後、ドローンインストラクター又はオペレーターの登録証とバッジを送付します。

認定登録料
ドローンインストラクター  50,000円
ドローンオペレーター    20,000円


※登録後の認定登録料の返金は行いません。
※ドローンインストラクター、ドローンオペレーター1級、2級、3級の登録者には、2年間有効の登録証を発給します。
※次回以降の更新登録料はドローンインストラクター30,000円、ドローンオペレーターは10,000円です。

(5) その他

@ 悪天候等により認定試験が中止になった場合を除き、受験料の返金は行いません。
A 複数資格の同時受験も可能です。(例えばドローンオペレーター1級と2級を同時に受験し、1級は不合格、2級は合格であれば、ドローンオペレーター2級に認定されます)
B ドローンオペレーター2級又は3級の認定登録者で、2年以内に上位のオペレーター資格を受験する場合は、筆記試験の免除を受けることができます。
C 受験合格者、認定登録者であっても、法令違反、安全管理上、その他当該資格にふさわしくないと認められる等の理由により、受験合格、認定登録の取り消しを行うことがあります。
D ドローン講習会受講者はドローンオペレーター3級の認定試験を受験できます(その際の受験料は講習費用に含みます)ので、講習会受講者の方は認定試験を受験される場合ご注意ください。
E 当日は、機体、筆記用具、事前にお送りするドローンテキストと受験票をお持ちください。

›› 受験申請書(別紙1)

(6) 平成29年度ドローンインストラクター制度(認定資格試験) 日程

開催場所 実 施 日 判定員
ドローン
関 東埼玉県熊谷市
MBP JAPAN飛行場
5月27日(土) 
 〜28日()
松井 勲、菅木 紀代一、
泉水 栄二、田屋 恵唯
信 越長野県飯山市
斑尾高原エアフィールド
6月17日(土) 
 〜18日()
田屋 恵唯、菅木 紀代一
九 州福岡県朝倉郡東峰村
ドローンテックアカデミー
10月21日(土) 
 〜22日()
泉水 栄二、菅木 紀代一
沖 縄沖縄県国頭郡宜野座村
宜野座村国際交流センター
11月10日(金) 
 〜11日(土)
吉岡 嗣貴、田屋 恵唯

※会場ごとの詳細は、別途、当協会のホームページ等でお知らせします。
 また、定員は各回とも30名とし、定員になり次第締め切ります。

よくある質問

ドローン講習会・ドローンインストラクター認定試験に関するよくある質問のページを作成しました。

→ドローン講習会・認定試験 よくある質問

BACK PAGETOP