財団法人日本ラジコン電波安全協会
概要
ラジコン操縦士登録
ラジコン発振器適合証明
安全運用
ラジコンの安全運用基礎知識
RC装置の故障の発見と処置の方法
ラジコン用電波と電波法
インストラクター制度
総務大臣杯争奪全日本ラジコン競技会
河川敷地ラジコン飛行場占用許可について
大会イベントへの支援
ラジコン操縦士登録代理店募集
産業用ラジコン運用者の皆様へ
FAQ
リンク
お問合せ
サイトマップ

安全運用
ラジコンの安全運用基礎知識

1.ラジコン運用の基本
混信妨害の主な原因
電波の利用は、利用する者の地位や団体の規模等で区別したり、早い者勝ちであってはなりません。また、混信や妨害のないよう能率的な運用に努めなければなりません。
無秩序な運用は、ノーコンとなり墜落や事故の原因となり、業務用無線通信にも混信や妨害を与える恐れがあります。
ラジコン運用は、電波法の規定を遵守し、相互で周波数の確認・調整を行い、混信や妨害を生じないようラジコン用として認められた正しい電波を使用し適正な運用をして下さい。
(1)プロポは、電波法の規定に適合したプロポを使用すること。
[ ア ] (財)日本ラジコン電波安全協会の適合証明シールが貼付してあるプロポは、
適正で安全なプロポです。
[ イ ] 27MHz帯は、日本ラジコン模型工業界が認定証明したものを使用して下さい。
(2)電波法で規定された用途及びバンド(周波数)を遵守すること。
[ ア ] 日本で許可されているラジコン用周波数は、使用基準に示すとおりです。
使用基準を守って運用して下さい。


ラジコン用周波数の使用基準
ホビー用 産業用
27MHz帯
昭和32年8月3日
40MHz帯
昭和59年11月24日
72MHz帯
平成7年2月28日
73MHz帯
平成7年2月28日
周波数
(MHz)
バンド
番号
用途 周波数
(MHz)
バンド
番号
用途 周波数
(MHz)
バンド
番号
用途 周波数
(MHz)
用途
26.975 01 地上用
 
 
水上用
40.61 61 地上用
 
 
水上用
72.13 17 上空用 73.22 地上用
  
水上用
26.995 02 40.63 63 72.15 18 *73.23
27.025 03 40.65 65 72.17 19 73.24
27.045 04 40.67 67 72.19 20 73.26 上空用
27.075 05 40.69 69 72.21 21 *73.27
27.095 06 40.71 71 72.79 50 73.28
27.125 07 40.73 73 72.81 51 *73.29
27.145 08 40.75 75 72.83 52 73.30
27.175 09 40.77 77 上空用 72.85 53 *73.31
27.195 10 40.79 79 72.87 54 73.32
27.225 11 40.81 81 (注)産業用ラジコン周波数  
*印の産業用周波数は、平成16年3月
26日増波割当て
27.255 12 40.83 83
  40.85 85
(注)
1. 産業用周波数は、ホビー用に使用することはできません。
2. ホビー用周波数は、産業用に使用することはできません。
3.  電波法の規定を逸脱した運用(電波の強さ、用途、周波数等)は、不法無線局となり電波法により罰せられます。
* 外国から流入する日本で認められない35、45、49、及び75MHz帯等の周波数(いわゆるお化けや特バンと言われている周波数)の運用は不法運用となり電波法による罰則が適用されます。
 "不法運用は、電波法第110条(懲役1年以下又は100万円以下の罰金"
 
(3)ラジコン運用は、専用の飛(走)行場等で行うこと。
[ ア ] 建築物等から十分に離れた場所とすること。
[ イ ] 放送局等無線局から十分離れた場所とすること。
[ ウ ] 市街地、公園、道路等人の出入りする場所では絶対運用しないこと。
(4)運用前の安全確認を必ず行うこと。
[ ア ] 周囲に人や車等のないことを確認すること。
[ イ ] プロポ及び機体の点検を行うこと
 ・運送中に故障やネジの緩み等の発生もあるので必ず整備点検を行うこと。
 ・不具合を確認したときは運用を中止すること。
[ ウ ] 使用されているバンドの確認
 ・バンドモニター、バンド管理板及びバンドリボンを確認するとともに
  使用プロポのバンドを確認すること。
 ・バンド管理板に使用バンドを表示し、かつアンテナにバンドリボンを装着すること。
 ・等間隔で連続するバンドは、総合変調を起こす恐れがあるのでできる限り避けること。
[ エ ] 市街地、公園、道路等人の出入りする場所では絶対運用しないこと。
(5)運用中の安全確認を行うこと。
 ・運用中は、常時、周囲の安全に配意する。
 ・ラジコン模型の飛行や走行に異常を感じたときは速やかに運用を中止すること。
BACK PAGETOP